大阪で稼げる男子求人を選ぶ時の注意点と求められるスキル

男求人

介護施設での男性求人

男性と時計

近年よく報道されているように老人ホームや介護施設の職員の不足が深刻となっています。無資格では訪問介護で働くことはできないのですが、訪問ではない介護施設では無資格でも働くことが可能なのです。
そして、介護施設では体力や腕力が必要な仕事が多くあるため男性の求人が多く見られます。介護施設での主な業務は利用者の(車での)送迎や生活の補助がメインですね。無資格の人は生活の補助といっても出来ることに制限があり、利用者への直接の支援というよりは食事の仕度や洗濯、薬の受け取りなどの業務が多くなる傾向にあります。
では何故有資格者を採用しないのかというと、採用しないのではなく「採用できない」というのが実情のようです。というのも業界全体として人手不足が深刻であり、有資格者は引く手あまた。加えて介護福祉士資格は最低でも3年の実務経験を必要とするため試験を受け合格したらすぐに介護福祉士の資格を得られるわけではない、という要因もあります。このような実情もあり求人を出す側は無資格でも採用し3年の実務経験を経てもらい、ゆくゆくは介護福祉士資格を取得してもらうというスタンスである場合が多いので興味はあるけど資格が無いから・・・と思っているのであれば一考の余地はあります。

過去記事一覧

ニュース一覧

2017年05月23日
男のダブルワーク求人ならナイトワークを!を更新しました。
2017年05月23日
介護施設での男性求人を更新しました。
2017年05月23日
社会における男性求人のありかたを更新しました。
2017年05月23日
男性求人!求人の見方と注意点を更新しました。
TOP